国内の腕時計

国内で言えること、それは海外のモノの方が人気があるということ。
海外への憧れはモノだけではなく、生活自体の憧れが強いのが日本ではないでしょうか。

それは私の好きな腕時計も例外ではなく、やっぱり腕時計はスイス製が一番でいつかはロレックスが欲しいという人がほとんどのはずです。
実際に私もロレックスは好きですし、資産価値としても一番買って損をしない腕時計なのは間違いないです。

ただ、天の邪鬼な私としては誰もが狙っているロレックスよりは…メイドインジャパンの技術力を感じてみたいなと思うようになってしまいました。

海外の腕時計の様な派手さも無く、どちらかと言うとシンプルで謙虚なスタイルを貫いている日本製の腕時計。
もちろん海外の腕時計を真似ている腕時計もありますが、日本製でも30万を超す高級腕時計ともなればその機能性や外観は感心してしまいmかす。

車や電化製品という日本が誇る技術は世界でも有名です。
これは腕時計も一緒で、ひょっとしたら日本国内が一番評価が低いのかもしれないと思うことすらあります。

確実な正確性と堅牢な作り、そしてどこか謙虚で奥ゆかしさがある日本製の腕時計はまさに「安心」の一言に尽きると思います。

腕時計の価値観は各々あると思いますが、まずは長く使えること。
この目標さえあれば、自ずと日本製の腕時計に目が行ってしまったというのが自分だったりします。

地味だけど確実な精度を誇る、日本刀のようなメイドインジャパンの腕時計に今とても魅力を感じています。

国内の腕時計のメーカー セイコーホールディングス